エコ、環境に関する情報サイト 発電売電の相談所 ../

発電売電の相談所 エコ製品について エコ家電について詳しく知る

エコ家電について詳しく知る

エコ家電とは、省エネはもちろんのこと、環境に優しいことが求められます。節電・節水ができることの他に、様々な環境への配慮が実現します。

■ 省エネラベリング制度

製造事業者(メーカー)が省エネ性能を表示する制度です。2000年8月にJIS規格(日本工業規格)として導入された後、エネルギーを消費する製品の省エネ性能を、省エネ法に基づき、製品やカタログなどに記載しています。各店頭で表示されている「統一省エネラベル」には、この内容が含まれています。

■ トップランナー基準

商品化されている製品の中で、最も省エネ性能が優れている機器より上に、目標値を設定するという方法です。機器により3~10年ごとに目標値が見直され目標値が上がり続けるため、メーカーは常に上を目指して頑張らなくてはいけません。この基準は、1998年に省エネ法が大幅に改正された際、エネルギーの増加を抑制するための対策案として、エネルギーを多く消費する機器については省エネ性能の向上を促す目的で設定されました。

■ 今からでもできる対策

  • 夏は、冷蔵庫の庫内温度設定を「中」に
  • 省エネかつ節電ができる対策をしっかり実践

  • テレビの省エネモード設定を徹底
  • テレビの省エネモード設定や輝度を下げた設定にする

  • 白熱電球は、LED電球や電球形蛍光灯へ交換
  • 先を見てどちらが有効かを考える

  • エアコンや扇風機などを上手に使い、室温目安を28℃に
  • 他にも、
    ①室外機のまわりにものを置かない
    ②室外機への日射は避ける
    ③日射を遮るため、すだれや緑のカーテンを活用する
    ④こまめにフィルターを掃除する
    ⑤室内の空気を扇風機でかき回す
    ⑥除湿運転や頻繁なオン・オフを行わない
    (「30分程度の外出」であればエアコンはつけたままにして消さない。)

  • 猛暑日には節電より体調
  • 熱中症にならないよう、健康を損なうような節電をしない

PAGE TOP