エコ、環境に関する情報サイト 発電売電の相談所 ../

発電売電の相談所 エコ製品について LEDついて詳しく知る

LEDついて詳しく知る

Light=“光る” Emitting=“出す” Diode=“ダイオード”

この3つの頭文字を略したものがLEDで、発光ダイオードとも呼ばれています。1996年、白色LEDの誕生により、あかりの歴史はさらに進化を加速させ、現在では、照明用途の他にも車載、通信、植物育成、医療など様々な分野での展開が期待されています。

■ 照明の歴史

照明の歴史を振り返ると、1810年代に各国にガス灯が設置されはじめて以来、約60年ごとに大きな発明があります。1879年の白熱- -1938年には今も活躍している蛍光灯そして1996年には現在のLED照明の原型となる白色LEDが誕生しました。LED単体の歴史を見てみると、1960年代に赤色と黄緑色の暗めのLEDが開発されて以来、早い段階から照明用途で実用化されてきました。その後発展の転機となる青色LEDが93年に開発され、それを応用した96年の白色LEDの開発を経て、今に至っています。わずか十数年で蛍光灯の効率に追いつくレベルにまで達しました。第4世代のあかりとして、これからの可能性に期待できます。

■ メリット

従来の蛍光灯の約5倍の時間で、24時間連続して点灯したときの寿命は、約50,000時間の長寿命(一部製品は20,000時間)。365日、1日に13時間以上使用したとしても10年間は交換不要です。また、ランプとその交換作業コストを大幅に削減可能で、特に高所照明では取り替えの手間や作業費の削減効果が大きく、看板や高い天井など、交換が困難な場所での工事費や人件費といったメンテナンスコストを大幅に削減できます。

■ クイック点灯

LEDは直流DC電流のため、瞬時にフルパワーで発光します。チラツキもありません。オンオフを繰り返しても無駄な電力は消費しません。一般蛍光灯の場合は、オンオフ繰り返す事で寿命を縮め、電力消費アップの要因となってしまいます。

PAGE TOP