エコ、環境に関する情報サイト 発電売電の相談所 ../

発電売電の相談所 エコへの取り組み エコ活動~日本~

エコ活動~日本~

日本は環境問題に対し積極的に環境保護をしていて、他国と連携した環境保護も行っています。日本と中国は環境保護協力の一層の強化に関する共同声明を上げ、東アジアの環境問題を中心に、協力して取り組むことを宣言しています。また、京都議定書による温室効果ガス排出量6%の削減を目指す国民プロジェクトも始まっています。政府では、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため、「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止の対策を推進することとしており、そのための温暖化防止のための国民的運動を、「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月より新たに展開しています。「チャレンジ25キャンペーン」は、CO2削減に向けた運動を展開するものであり、オフィスや家庭などにおいて実践できるCO2削減に向けた具体的な行動を「6つのチャレンジ」として提案し、その行動の実践を呼びかけています。

また、企業が環境省に対し、自社の環境保全に関する具体的な取り組みについて約束をする制度、エコ・ファースト制度も取り入れています。この約束には、「環境保全に関する目標を明示するとともに、実現に向けて業界のトップランナーとして先進性、独自性を有した取り組みを行うこと」、「全国の模範となるような取り組みを推進すること」、「約束された取り組みの進捗状況について環境省への報告および公表が行われること」の3つを含む必要があり、約束基準を満たした企業はエコ・ファースト企業として認定され、エコ・ファースト・マークの使用が認められます。企業による環境対策を加速させるのが狙いです。具体的な例としては、クールビズや屋上緑化など上げられます。今では各企業、独自のエコ活動が盛んに行われるようになりました。また、小学校でも社会科や総合体育などの教科でエコについての授業も行われています。

また、日本はエコに関する技術が優れています。トヨタ自動車のプリウスをはじめとする低燃費自動車は欧米市場で躍進を続けており、太陽光発電でも シャープや三洋電機などの日本メーカーが世界市場で4割のシェアを獲得しています。原子力プラントでは東芝など日本の大手3社が世界市場の中核を担っていますし、家電や住宅建設でも日本の省エネ性能は世界のトップクラスと言えます。そういった日本の技術の輸出も進んでいます。2012年5月には韓国の現代自動車が日本のエコカー技術を持つ人材の誘致行事を行いました。環境省では環境対策技術のアジア展開を支援するなど、日本の環境技術は今後、環境面においても、産業面においても重要になってくると考えられます。

PAGE TOP