エコ、環境に関する情報サイト 発電売電の相談所 ../

発電売電の相談所 注目のエコ~風力発電~ 風力発電の歴史

風力発電の歴史

古代では、水力と風力が多く用いられてきました。特に風力は、穂による船の動力としての利用されていたとされています。風車がいつ、どこで最初に使用されていたかは不明ですが、紀元前3600年ごろには エジプトにおいて揚水や感慨に風車が使用されていたという記録が残っています。

■ 中世

10世紀になると文明の中心であるイスラム圏で風力発電となるものが開化し、西遠征と十字軍によってそれぞれ欧州と中国に伝えられたとされています。 中国では、10世紀から13世紀の宋の時代に、各地で風車がたてられました。欧州では、12世紀から使用されています。欧州では18世紀の産業革命までは、この風車が動力源として重要な位置を占めていました。有名なオランダ型風車は、独自の発達を遂げ、 幌のはり方で回転数、動力を制御していました。

■ 近代

1887年に、イギリスのJ,ブライスが垂直軸風車によって出力3kW発電し、 バッテリーに蓄え25年間運転したと言う記録が残っています。 また、1988年にアメリカのオハイオ州のクリーブランドで、CFブラッシュが直径17m、ブレードが144枚に及ぶ風車で12kWの発電を行っています。現在の風車の基礎を作ったのは、デンマークのP・ラクールでした。彼は1981年に、アスコウに最初の風力発電装置を作りました。さらに1897年には直径22.8mにもなる大型風力発電装置を設置しました。

■ 現代

風力発電装置は、その後次々に建てられ、大型化がすすみました。
1931年 旧ソ連 WIME D-30 出力100kW
1941年 アメリカ スミス・パトナム風車 出力1250kW
こちらは1カ月でブレードが損傷したため中止となりました。
1975年 アメリカ Mod-O 出力100kW
1979年 アメリカ Mod-1 出力2000kW
しかし、これらの大型風車は、必ずしも成功したわけではありません、デンマークなどにおける民間ベースの中型機から始まった、商業風車が着実に成功を収めています。この商業風車が現在の主流風車となっています。また近年では洋上風力も普及し始めています。

PAGE TOP