エコ、環境に関する情報サイト 発電売電の相談所 ../

発電売電の相談所 注目のエコ~風力発電~ 風力発電のメリット

風力発電のメリット

■ クリーンエネルギーである

風を利用して発電を行うため、有毒なガスを排出することはなく、地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出量もかなり限られています。酸性雨や光化学スモッグなどといった大気汚染の原因となる酸化物を排出もありません。また、原子力のような放射性物質の危険性もありません。風力発電は、風の運動エネルギーを電力に変換するだけなので、環境に優しいシステムといえます。

■ 再生可能エネルギーである

再生可能エネルギーとは枯渇することのないエネルギーのことを指し、風は再生可能エネルギーにあたります。自然エネルギーである風の力を利用して発電するため、無限に利用可能です。機器の故障等を除けば、地震などの災害時にも利用が可能で半永久的に発電できると考えられます。また、外部からの影響も受けにくいので、風さえあれば日中夜間関係なく、24時間いつでも発電することが可能です。小規模分散型電源であるため、災害など有事の際の影響を最小限に抑えることができます。
風力発電は再生可能エネルギーの中で採算性が高いエネルギーだと言われています。火力発電や原子力発電では、燃料の大半を他国からの輸入でまかなっていたり、冷却水等を必要としますが、風力発電では燃料等が必要がないため、設置以後はメンテナンス以外に費用がかかることもありません。風力発電は100%自給で発電が行えるため、シェアが伸びれば、エネルギー自給率の向上も繋がると考えられています。

■ 発電コストが低く、個人でも運用可能

新エネルギーの発電コストをみてみると、風力発電は9〜12円/kWh、住宅用太陽光発電は47円/kWh、バイオマス発電は40円〜160円kWhと、風力発電は新エネルギーの中では最もコストがかかりません。また、風力発電サイトの工期は短く、1年半程度で済みます。 更にCEFなら、風車1基当りの建設工期においても、通常の半分程度の7日間にまで短縮することが可能です。需要総量の変動に対応しやすく、また投資してから運転開始までの利子も少ないです。物価変動要因の事業リスクが少ないと言われています。 規模にもよりますが、個々の設備が比較的小規模なので個人での運用も可能です。

PAGE TOP